【顔画像】東大医学部福島孝徳の家族構成は?妻は超美人だった?

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!

“ゴッドハンド”“天才脳外科医”と呼ばれた医師の福島孝徳さんが81歳で死去されました。

福島さんは、脳神経外科医として歩み始めた1970年代から臨床の現場にこだわり、独自の視点から低侵襲・最新の手術を手技を考案し、驚異的なペースで1日も世界中を飛び回って手術を行ってきました!

患者さんに負担をかけずに、合併症のないきれいな手術による一発全治をはたすというのが、福島さんの一貫した医療に対する姿勢だったそうです!

今回は、医師の福島孝徳さんの家族構成や美人と話題に奥様、お子さんについてしらべてみました!

ぜひ最後までご覧ください!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【顔画像】東大医学部福島孝徳のプロフィールは?

名前:福島 孝徳
生年月日:1942年10月15日 2024年3月19日(81歳没)
出身:東京都
学歴: 1961年 – 東京都立戸山高等学校卒業
    1968年 – 東京大学医学部卒業
職業:脳神経外科医
   カロライナ脳神経研究所、デューク大学、ウェストバージニア大学、カロリンスカ研究所、   
   マルセイユ大学、フランクフルト大学教授を兼任している。

48歳のとき、日本の医学界に疑問を覚え、渡米されています!

米国でも臨床の現場にこだわり続け、30数年間にわたり毎年600人以上(米国:250人、日本:300人、ヨーロッパ/南米ほか:50人)もの手術を行い、生涯2万4000例を超える手術を行う等多くの患者の命を救ってきました。

神の手と称される手術手技「鍵穴手術(キーホールオペレーション)」は、福島さんが開発したものです!

「鍵穴手術」は頭蓋骨に1円玉位の小さな穴をあけて、手術顕微鏡を用いる手術法で、患者さんの身体の負担を考え、福島孝徳先生が1980年代に開発を初め、確立させたものです。 この手術法は、通常の開頭手術に比べとても小さいため、大幅に患者さんの負担が軽減されます。
森山脳神経センター病院より引用

この超人的な技術により、通常の開頭手術に比して大幅に患者の負担が軽減され、世界中の患者から絶大な支持を受け、「神の手を持つ男」「The Last Hope」と賞賛されていました!

スポンサーリンク

【顔画像】東大医学部福島孝徳の家族構成は?妻は超美人だった?

福島さんはお子さんんが二人と奥様がいらっしゃいます!

お子さんは福島徳仁さんと 福島梨沙さんという方です!

娘さんの福島梨沙さんは、吉祥寺で「プライベートサロン・オリーブケア」のオーナーを
されていました!
7年前にサラリーマンを卒業して、2018年に株式会社オリーブケアを設立されています!

2024年新たにホリスティックスクールを開講されるとのこと。

福島梨沙さんはお父様と同じく脳神経外科の医師になりたいということで
お父さんの手術に立ち会われて勉強されることも多いんだそうです

筆者
筆者

お父様の福島 孝徳医師とおなじで非常にエネルギッシュな方ですね♪

息子さんの福島徳仁さんは、現在何をしているのかというのは探すことができませんでした。

こちらは分かり次第upしていきます!


スポンサーリンク

【顔画像】東大医学部福島孝徳の妻は超美人だった?

奥様は福島法子さんという方です
奥様との関係を見て行きたいのですが奥様も長い間福島孝徳医師と共に、ロサンゼルスに住んでいらしたということです!

こちらが、福島孝徳医師と妻法子さんの2017年に開催された福島孝徳さんの還暦祝いのパーティの動画になります!

筆者
筆者

いつまでも若くて美人といった方ですね♪医師の奥様は綺麗な方が多いイメージがあります!

福島孝徳医師の妻法子さんは綺麗ですらっとしていて美人な方

スポンサーリンク

まとめ

以上、“ゴッドハンド”“天才脳外科医”と呼ばれた医師の福島孝徳さんや、その家族、美人妻についてまとめてみました!

最後までご覧いただきましてありがとうございました!

PAGE TOP
error: Content is protected !!