【特定】処分されたハンドボール男子日本代表の4選手は誰?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本ハンドボール協会は4月13日、男子日本代表4選手について、協会制定の行動規範に対する重大な違反があったとして2人に1年間、残りの2人に6週間の代表活動停止処分を下したと発表した。

発表によると、この4人には規律違反が認められたため、2人に1年間の活動停止処分、残りの2人には6週間の活動停止処分が課されたようです。

一体、活動停止処分が課された4人は誰なのでしょうか?

スポンサーリンク

  4選手は誰?

ハンドボールの日本代表に選出された男子メンバーは以下のURLより確認できます。

日本代表男子メンバーは16人いますが、

今回の処分が発表された前後で公式サイトからプロフィールが削除された人物は確認されておりません。

公式発表でも選手が特定されないように、「A選手」「B選手」「C選手」「D選手」と匿名で表記されていました。

年齢も公表されていないことから、現時点では処分を受けた4人を特定することは難しくなっています。

ネットの掲示板やSNSでは特定の選手の名前が挙げられていますが、

客観的な証拠が提示されているわけではなく選手の名前については事実確認が取れるまで伏せさせて頂きます。

  日本ハンドボール協会からの反応

ハンドボール<br>協会
ハンドボール
協会

普段から応援して下さるファンの皆様、ご支援いただいている上部団体、ご協賛各社様に対して、期待を裏切る結果となりましたことを衷心よりお詫び申し上げます

せっかくの日本代表が集まってのハンドボールの試合の準備や調整に関係者一同忙しくしていたところでしょう。

また、ハンドボールは第27回男子ハンドボール世界選手権エジプト大会で日本代表は19位と、まだまだ世界には後塵を拝しています。

これからというときに期待を裏切ってしまったファンからの失望感は大きいでしょう。

ハンドボール<br>協会
ハンドボール
協会

当協会としても大変遺憾であり、当該選手へのコンプライアンス指導の徹底、復帰プログラム研修を講じて参ります。また、他の選手に対しても、日本代表の誇りと責任を持った行動を徹底するように再度指導して参ります

日本ハンドボール協会は4月13日、男子日本代表4人が3月の代表期間中に協会が制定した行動規範に対する重大な違反をしたとして2人に1年間、2人に6週間の代表活動停止処分を下しています。

今回の一連の騒動に対して、世間からは厳しい反応が非常に多くなっています。

残念ながら不祥事を起こしてしまった選手たちには、失敗は誰でもおかすものなのですぐに次の目標に向かって切り替えて、努力を継続してほしいですね。

代表に選ばれたことで気持ちが大きくなり、規律を軽視してハメを外して遊んでいたのが元凶でしょう。
ハンドボール界隈はいいニュースより醜聞が目立つので代表メンバーたちは気持ちを新たに頑張ってほしい。

要は持ち帰りがバレた、と。 道徳的に、とかいう以前に要領が悪すぎ。
代表期間中だろ。それも宿舎に連れ込むなんてありえないわ。
国を代表する選手のやることじゃない。
やはり、五輪の選手代表としての責任と言うか、その重責というか、そういう認識が甘かったとしか言いようが無いと思います。 どっかの学生の合宿とは全然違いますからね。こういった代表期間中に、深夜に外出し飲酒であったり、第三者を宿泊施設に招いたり、したことが規律違反となるのだから、こうした処分もやむを得ないと思います。

代表選手の費用は全て税金じゃないのかなそれを知っても、処分が厳しいと思いますか?
自チームの活動であれば、企業等の判断でいいと思いますが。
極端な書き方をしますと公務員が何か問題おこしたら、一般企業の人より
厳しい目で見るんじゃないかな。 なので今回の処分は当然だと思います。

以上、ハンドボール男子日本代表4選手について、まとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

最後までご覧いただきましてありがとうございました!

PAGE TOP
error: Content is protected !!