池田大作は若いころイケメンだった?

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2023年11月18日、創価学会名誉会長の池田大作さんが亡くなったと報じられました。

そんな池田大作さんの若いころがイケメンと話題になっています!

池田大作さんの家族構成について調査しました!

スポンサーリンク

池田大作さんのプロフィール

創価学会公式サイトより引用 https://www.sokagakkai.jp/philosophy/founding-presidents/ikeda.html

誕生日:1928年1月2日
出身:東京都大田区
亡くなられた日:2023年11月15日(95歳没)                        父:子之吉(ねのきち)
母:一(いち)
兄:4人の兄がおり、長兄はミャンマーで戦死されています。
配偶者:妻・池田香峯子
子供:長男・池田博正
   二男・池田城久(故人)
   三男・池田尊弘
最終学歴:富士短期大学卒業
たしかにお若いころは端正な顔立ちで顔つきもきりっとされていますね♪ 創価学会会長の2代目の戸田さんの元で戦後の混乱の中、経営不振にあえぎながらも信用組合の経営に戸田会長と一緒に死ぬ気で取り組まれていたとのことですから、顔付きも自然とカッコよくなっていくのでしょう!

おい立ち~創価学会の会長に就任するまで

池田大作さんは1928年年1月2日、現在の東京都大田区で海苔製造業を営む池田家の五男として生まれました。第2次世界大戦の渦中で過ごした少年時代。空襲の恐怖、長兄の戦死、悲しむ母の慟哭……多感な時期を小さいころから過ごされました。

生家は東京湾の漁師。今の羽田空港の近く、海苔づくりが家業だった。父親が病気がちで家計は苦しく、新聞配達をしながら高等小学校を卒業、地元で大手鉄工所の工員になる。モーターの音が鳴り響き、旋盤で鉄棒を切断し、ねじをつくる重労働だった。最終学歴は富士短期大学卒だが、実際には昼間は油まみれ、汗まみれでくたくたになるまで働き、夜学で学ぶ勤労学生。田中角栄元首相の少年時代と同じように苦学の日々が続いた。

「庶民的で飾らない指導者」か、「権力の亡者」か 池田大作氏、ベールに包まれた実像(J-CASTニュース) – Yahoo!ニュース

またご自身も青春時代から肺病と闘われていたとのことです。

1947年(昭和22年)8月に、小学校時代の友人に誘われ、初めて創価学会の座談会に出席され、そこで2代目創価学会会長の戸田さんと出会い、その人格に感銘を受け、19歳の時に創価学会に入会しています。

会場へ行くと、座の中央に、度の強いメガネをかけた人物がいた。

彼の話は、仏法の講義のようであったが、身近な例を通して、日常生活や社会問題に鋭い洞察が加えられていく。その人物こそが、創価学会第二代会長・戸田城聖先生(当時理事長)であった。

戸田城聖の弟子として|池田大作先生の足跡|創価学会公式サイト (sokagakkai.jp)

創価学会~戸田2代目会長との苦闘の日々

1949年に当時理事長だった戸田さんが経営する出版社・日本正学館に入社した池田大作さんは少年雑誌の編集を担当されました。

戦後の混乱や大手出版社による雑誌の復刊が相次ぎ、小さな出版社は苦戦していました。そんな中で戸田さんは、出版事業を断念されて、信用組合の経営に乗り出し、事業の立て直しをはかりましたが戦後の経済混乱のあおりを受け営業停止に追い込まれました。そんな不景気の中で多くの社員が去っていったとのことです。

給料の支払いはとどこおり、コートなしで過ごす冬。たくあんだけの夕食をとり、熱にうなされて目が覚める——。

戸田城聖の弟子として|池田大作先生の足跡|創価学会公式サイト (sokagakkai.jp)

池田さんは苦境に立たされた戸田さんとともに死ぬ気で青年・青春時代を過ごし、人格が磨かれていったんですね。

いつの時代でも組織でもそうですが、一心不乱に目標に向かって努力される方はカッコ良いし、カッコよくみえますよね。

ある夜の、仕事の帰途。師と弟子は二人して川べりを歩いていた。池田青年は、当時の流行歌をもじって、ふと“こんな男に誰がした”と口ずさんだ。すると、戸田会長が振り返り「おれだよ」と言って破顔一笑した。「生きるか死ぬかのような苦闘の時である。私は『おれだよ』の一言に熱いものを感じた。どんな自分になろうと、私はついていこう」(『私の履歴書』)

戸田城聖の弟子として|池田大作先生の足跡|創価学会公式サイト (sokagakkai.jp)

創価学会3代目会長就任

1951年に第2代目会長に戸田さんが就任され、そして1952年に蒲田支部の支部幹事に任命された池田さんは、早速他の支部に倍する201世帯の布教を達成されています。

1956年からは関西方面責任者となり、同年には大阪支部が1万1111世帯という布教を成し遂げた。

1957年には75万世帯に布教されています。

当時から若くしてバイタリティーと求心力に優れたリーダーだったんですね♪

 戸田2代目会長が亡くなると32歳という若さで第3代会長に就いています。

池田大作さんの性格は?

「歯に衣(きぬ)着せぬ物言いで親近感を抱かせ、心配りは細かいが、敵対勢力には容赦しない」。

Yahoo newsより

 学会関係者は池田さんの性格について優しくも、敵勢力には容赦しないような一面もあったと言っています。

小さなころから戦争、兄弟の戦死、ご自身の病気、戦後の混乱の中でろくに食べ物が食べれない中での会社の再建等々、今では考えられない多感な時期を過ごされいたと思います。

それだけ逆境に立ち向かわれていれば精神的にも肉体的にも十分強くなりますね!!

世間の反応は?

鳥肌実みある

池田大作の画像を検索したら俺が言ってること理解できると思う。若い頃の顔かみんながよく見た事がある体格が良く90代とは思えない顔つきの池田大作の画像しか出てこない。俺はあの顔少なくても15年以上前に見た顔と全く同じ顔だと思っている。誰だって歳を取るものだが池田大作は老けなかった。

X(Twitter)より引用

池田大作さんといえば、実際にお会いしたという学会員の方から聞いた若い頃の印象を覚えています。 「迫力があって殺し屋が来たと思った」 毀誉褒貶の激しい人物ですが、あれだけ巨大な組織を運営していたのだからと、納得しました。しかし、「殺し屋」というワードは今思い出しても滑稽です。

X(Twitter)より引用

亡くなった母が熱心な学会員でした。 ちなみに自分も若い頃、活動して頑張ってた時期があった。 十数年前に色々あって距離を置いたけど。 創価学会の是非はともかく衝撃的。 慎んでお悔やみ申し上げます。 創価学会 池田大作名誉会長が死去 2023年11月18日

X(Twitter)より引用
PAGE TOP
error: Content is protected !!