【顔画像】飲酒トラブルのJAL機長は一体誰?家族構成は?

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、JAL機長について取り上げていきます。

2024年4月26日、JALは羽田発米ダラス行き12便に乗務した機長が到着後にホテルで飲酒して騒ぎ、現地の警察から口頭注意を受け2日後の羽田行きの便に乗務できずに欠航としたと発表。

大きな話題になっていました。

気になるのは、機長の名前や顔画像ですね。特定されているのでしょうか?

本記事でまとめましたので、是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

日本航空によりますと、24日にアメリカのダラス空港から羽田空港に向かう予定の飛行機が欠航しました。

日本航空の機長が、帰国便を操縦する2日前にアメリカのホテルで飲酒トラブルを起こし、乗客157人が乗る予定だった帰国便が欠航となりました。

原因は機長の飲酒トラブルで、機長はダラスに到着した22日の深夜に滞在先のホテルで酒に酔い、ほかの宿泊客などに迷惑をかけて、警察による口頭注意を受けたということです。

日本航空は、帰国する便でこの機長に操縦させるべきではないと判断して、157人が予約していた帰国便を欠航にして、振り替えの便を手配したということです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8c9a2e64f5bd6477f3e1f273bd932fe4d4dffaa0

上記のとおり飲酒で騒いだとありました。

ホテルで酒に酔い他の客に迷惑を掛けたともありますが、一体何をしたのでしょうか?

警察による口頭注意」というのは、法律に反して罪を犯したわけではないということですよね。

そうなると、飲酒をして他の客に絡んだりしたということかもしれません。

もしそこで暴力などを振るっていれば当然逮捕されると思いますが、注意で済んでいることから騒いでいただけなのかもしれないですね。

今後、報道で明らかになっていくかもしれません。

パイロットは乗客の命を預かる重要な仕事ですからストレスが溜まっていたのかもしれませんね。

報道では・・・

  • JAL(日本航空)の機長
  • 羽田発米ダラス行き12便に乗務

以上のようにありました。

ただ、上記情報を参考にして調査しましたが現在のところ有力な情報が見つかっていません。

パイロットの平均年齢ですが、調べたところ42.1歳とのことです。

機長になれるまでの年齢

一応法的には21歳以上でなれることになっていますが、実際機長として働けるようになるには訓練を開始してから15年ほどもかかるといわれています。

なので一般的には早くても40歳前後で機長になることが多いようです。30代後半で機長になれれば早いほうですね。

http://my-dreamwork.com/category7/entry41.html

機長になるには40歳前後が多いとのことで、今回の飲酒事故のJAL機長も40歳前後~定年の68歳ということが考えられます。

そんな方でも飲酒トラブルを起こしてしまうとは少しショックではあります。

JALの機長名簿等も調べて見ましたが現状みつかっていません。

引き続き調査し、情報があれば追記していきます。

PAGE TOP
error: Content is protected !!