【特定?】名古屋第二病院の医療ミスの研修医は誰?顔画像やSNSは?

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院(名古屋市昭和区)は6月17日、

昨年5月に来院・入院した男子高校生(当時16歳)が医療過誤のため死亡したと発表しています。

消化管に障害を引き起こす「上腸間膜動脈症候群」(SMA症候群)を見落としたといい、

謝罪しています。

医療ミスということで世間の関心が非常に高まりそうです。

今回はその医療ミスの医師について調べて見ましたので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

名古屋第二病院とは?

所在地: 〒466-8650 愛知県名古屋市昭和区妙見町2−9
電話番号: 052-832-1121
正式名称: 日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院
職員数: 1870
病院のHP:URL
 

 一体何が起こった?

高校生は昨年5月28日、腹痛や下痢などを訴え、救急外来を2回受診。

それぞれ別の研修医が「急性胃腸炎」と診断し、かかりつけのクリニックを受診するよう

指示して帰宅させた。  29日にクリニックを受診した結果、緊急対応が必要と判断され、再び来院。

SMA症候群の疑いと診断され入院した。嘔吐(おうと)や脱水症状に苦しみ、30日には容体が

急変して心肺停止となり、6月15日にSMA症候群による腸閉塞(へいそく)、

高度脱水のため死亡しています。

名古屋第二病院
名古屋第二病院

重症度を軽く見積もった

同院の安井敬三副院長は「急性胃腸炎と診断して重症度を軽く見積もり、患者の苦しみに

耳を傾けなかった」と病院側の責任を認め
ており、遺族と和解に向けて協議を進めています。

現時点では、名古屋第二病院の医療ミスの外科医師について誰かはわかっていません。

また、家族や結婚についても同様分かっていない状況です。

しかしながら、某掲示板においては本人と思われるような名前が掲載されていましたが、

まだはっきりとはわかっておらず、医師という職業柄、医療ミスは起こりうる可能性は

否定できません。

そして風評被害は医師の職業人生を大変左右するものとなります。

読者の皆様におかれましては、むやみに本人を特定し、誹謗中傷されることのないよう

ご理解のほどよろしくお願いします。

以上名古屋第二病院の医療ミスの研修医について調べてみましたが、

いかがでしたでしようか?

最後までご覧頂きましてありがとうございました!

PAGE TOP
error: Content is protected !!