【旧統一教会】渋谷区松濤の未公表ビルの場所はどこ?

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2023年11月12日掲載の「毎日新聞」により、旧統一教会が東京都 渋谷区の一等地にビルと土地を所有していることが報じられました。

土地の推定価格は5億4705万円ですが、このビルの存在は教団のHPでは公表されていなかったようです。

一体、渋谷区にある未公表ビルはどこにあるのでしょうか?

スポンサーリンク

渋谷区松濤の未公表ビルはどこ?住所や場所は?

記事によると、この未公表ビルは高級住宅街である「松濤(しょうとう)」にあるとのことでした。

一体、このビルはどこにあるのでしょうか?

そこで、ビルの場所について調べたところ、以下の住所がヒットしました!!

〒150-0046
東京都 渋谷区 松濤1丁目2−1

毎日新聞の記事に掲載の未公表ビルと上記物件の外観が一致していることから、ここが当該ビルで間違いないと思われます!

 不動産登記によると、ビルは1995年に建設され、当初は教団関連の書籍を出版する「光言社」が保有していた。2014年に建物は売買、土地は代物弁済によって所有権が同社から旧統一教会に移った。

 土地の面積は345平方メートル。土地99カ所を調査した際と同様の評価方法で試算すると、推定評価額は5億4705万円。教団本部(8億4115万円)、多摩市の研修施設予定地(6億7673万円)に次ぐ高額物件だ。

MSNニュース
PAGE TOP
error: Content is protected !!