【顔画像】福岡県大牟田市の病院でセクハラの男性介護士は誰?SNSを特定?

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 福岡県大牟田市の病院で、複数の男性介護士が女性患者など6人に対し下半身を触る
といった性的な虐待を繰り返していたことがTNCの取材で分かりました。

病院によりますと、2023年12月に入院患者が「男性介護士から下半身を触られた」と病院に
訴えました。

今回はその話題になっているセクハラの男性介護士や、SNSについて調べてみましたので是非最後
まで御覧ください!

スポンサーリンク

どこの病院?

性的虐待行為があったのは大牟田市にある国立病院機構「大牟田病院」です。

<Wiki Profileより抜粋>
所在地: 〒837-0911 福岡県大牟田市橘1044−1
電話番号: 0944-58-1122
設立: 2004年
親組織: 国立病院機構(前身: 日本医療団福岡銀水園)
許可病床数: 400床(一般病床:380床; 結核病床:20床)
開設年月日: 2004年12月1日
独立行政法人国立病院機構大牟田病院は福岡県大牟田市の医療機関。国立病院機構に所属する
病院であり、現在は政策医療分野における神経・筋疾患、呼吸器疾患への専門的医療、
重症心身障害児・者への専門的療育、および認知症診療
を中心とした医療を提供している。

一体何が起こった?

大牟田病院が院内で聞き取り調査を行ったところ、以下のパワーハラスメントが行われていました。

看護師と介護士、あわせて5人の男性職員が、身体的な障害などがある入院患者、
 男女11人に対して「虐待が疑われる行為」を繰り返していたことが発覚。

・11人はいずれも身体的な障害があり、中には全身の筋肉が徐々に弱っていく国指定の
 難病「筋ジストロフィー」の患者もいたとのこと。

大牟田病院は

「障害者虐待防止法」に基づき自治体に通報
「職員の倫理観が欠如していた」と声明を発表

自治体は

・被害者11人のうち6人(女性4人、男性2人)については、男性職員らが就寝中の患者の
 陰部を揉んだり女性患者の胸付近を触ったりする行為をしていたとして「虐待があった」

と認定しています。

病院が入院患者の家族向けに開いた説明会では、参加した入院患者の後見人から、「『虐待』と言ってるけど一般社会では犯罪なんですよ」と厳しい声も飛んでいたとのことです。

セクハラの男性介護士については現状詳細等分かっておりません。

介護士の平均年齢はアンケートによると47歳程度となっており、今回の話題になっている男性介護士もそのくらいの年齢で、家族もいるかもしれません。

1.約7割の事業所が「65歳以上の働き手」を雇用。平均年齢は47.7歳

介護労働安定センターが公表した「令和3年度介護労働実態調査結果」によると、65歳以上の働き手がいると回答した事業所は68.0%にのぼります。そのうちの45.2%が介護職員として勤務しており、職種別の割合では最も高い結果となっています。

「かいごGardenかいごがーでん」より引用

また、仮に47歳だとすればSNSについてはやっている可能性も低くはないでしょう。

こちらは詳細が分かり次第UPしていきます!

筆者
筆者

セクハラは絶対あってはならないと考えられますが、まずは第三者機関による

調査結果を待つこととしましょう。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

PAGE TOP
error: Content is protected !!