【顔画像】JR鹿部駅構内で死亡の23歳は誰?家族構成は?

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

5月27日午前、北海道南部の鹿部町にあるJR鹿部駅構内で、電柱に登って作業していた

23歳の男性作業員が感電し、死亡しました

今回亡くなられた方はどなたなのでしょうか?家族構成やプロフィールについて

調べてみましたのでぜひ最後までご覧ください!

JR鹿部駅構内で一体何があった?


 27日午前10時半ごろ、鹿部町本別のJR鹿部駅構内で、電柱に登り作業していた男性の同僚から

「電気工事作業中に感電して、意識がない」という救急通報がありました。

所在地: 〒041-1404 北海道茅部郡鹿部町本別
開業: 1929年1月5日
所属事業者: 北海道旅客鉄道(JR北海道)
 



23歳の男性は、ドクターヘリで病院に運ばれましたが、その後、死亡しました。

警察やJR北海道によると、

現場はJR鹿部駅の駅舎から300メートルほど離れた駅構内で、
男性は低圧電線の交換作業中、誤って高圧電線に触れてしまった

とのことです。

警察は、安全管理に問題がなかったかを含め、引き続き当時の状況を調べています。

【顔画像】JR鹿部駅構内で死亡の23歳は誰?家族構成は?

プロフィールは?

2024年5月28日(月)時点では、亡くなられた方の情報が23歳である点以外は、はっきりとして

おらず、こちらは分かり次第UPしていきます!

家族構成は?

2024年5月28日(月)時点では、亡くなられた方の情報が23歳である点以外の情報である家族構成等

についてははっきりとしておらず、こちらは分かり次第UPしていきます!

スポンサーリンク

世間の反応は?

世間からは、若くして亡くなられた23歳の作業員の方の死を悼む声が多くなっています!

そして今回の事故の原因である「活線作業」※すなわち電気を流したまま作業が原因なのでは?

と指摘する声が多く、今後はお客さんたちに迷惑をかけてでも電気をとめて作業をやるべき

といった声がおおくなっています。

活線作業の内容
活線作業は、通電した状態のまま電気器具の取り付けや補修作業をすることです。
本来であれば電気工事は、ブレーカーを切ってから作業をおこなわなければなりません。
何故ならブレーカーを切らないと感電してしまう可能性があるからです。
ただ、蛍光灯の安定器やスイッチの交換などは危険度が少ないため通電状態のまま作業ができます。

活線作業の危険性
危険度の少ない作業とはいえ、危険性がゼロというわけではありません。
慎重に作業をおこなわないと大きな事故を起こしてしまう可能性だってあります。

https://keiz-e.com/column/detail/21081911401816/より引用

「活線作業」すなわち電気を流したまま作業をやっているからだ。もういい加減、活線作業をやめよう。あらかじめ作業停電の計画を作業地域住民に連絡知らしめて、停電してから作業を実施しよう。作業中、少し不便が出てくるが、人の命に我慢しよう。 朝行ってきますと出かけていって、ただいまと無事に帰ってくることが一番大事なのだから。

Yahoo!newsより引用

他の方も言ってますが、 活線作業自体が駄目なのです。 安全管理とか以前の問題ですね。 現場の状況がどのような場所なのか分からないのですが、 柱上の高圧線と低圧線には離隔の規定があるので、基本的に低圧線の工事で高圧線には触れないはずなのですが。 柱上変圧器の付近なら接触感電の可能性はあります。 亡くなった作業員が23歳ということで 知識と経験がどの程度あったのか。

Yahoo!newsより引用

昔、一緒に働いていた方の息子さんが同じような事故で二十歳という若さで亡くなりました。 成人し、やっと一緒に酒が飲めると嬉しそうに話していた矢先のことでした。 高所作業中に感電し、救急隊が来るまで宙吊りだったというような話を聞きました。 こういう痛ましい事故が無くなる事を祈っております。作業の内容によっては難しいのかもしれませんが、ロボットなどに任せられるようになるといいなと希望を込めて思っています。

Yahoo!newsより引用

PAGE TOP
error: Content is protected !!