【天橋立】股のぞき転落事故で押した犯人同僚は誰?会社は?

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2024年2月15日、人気の観光スポット京都府の天橋立で股のぞきをしていた男性が同僚に押されて転落しけがをする事故が起こっており、悪ふざけが招いた事故ということで話題になっています。

今回はそんな悪ふざけをした犯人、そして被害者、彼らの会社について調べて見ました!

最後まで御覧ください!

スポンサーリンク

天橋立とは?股のぞきとは?

京都府にある有名な観光地になっており、全国や海外からも多くのお客さんが訪れる観光スポットになっています。

〒626-0001 京都府宮津市文珠

「天橋立また覗き」とは?

海の上に道が繋がっているような景観が見える観光地であり、またの間から覗いてみると
「龍が天にのぼっているように見える」「海が空に見える」とのことです。
日本三景天橋立 股のぞき (amanohashidate.jp)

股のぞき転落事故とは?誰が落下したの?

今回は50代の男性が「またのぞき台」にのぼったところ、同僚と思われる男性に悪ふざけで押されてしまい、15mほど崖下に転落しています。

男性は胸などを強く打ち入院しているとのことです。

命に別状はないようですが、やはり15mも落下すると人間非常に怖い筈です。

一体どんな方が被害者で、どんな同僚が犯人なのでしょうか?

犯人同僚は誰?会社は?

報道によると、今回は天橋立に会社のメンバーで旅行をしており、また被害者を押したのは会社の同僚ということが判明しています!

会社名については現状複数の掲示板でそれらしき名前があがっていますが、現状まだ特定にはいたっていないため、公開は差し控えさせていただきます。

被害者男性についても50代という情報以外は現状はわかっていません。

分かり次第、これらの情報についてUPしていきます!

世間からの反応は?

世間からは、「覗く向きが逆では?」「明らかな悪ふざけ」「厳重な処罰を」という声があがっています。

たしかに覗く向きについては、公式サイトのを見ても頭が後ろむきになっていますが、twitterの投稿をみると逆向きになっていますね。

日本三景天橋立 股のぞき (amanohashidate.jp)


ひょっとすると会社の同僚間でふざけあっていて、あえて逆向きに向いて写真を撮っていたのかもしれません。

いずれにしても、被害者の方の一刻も早い回復と加害者との円満な解決を祈るのみです。

まとめ

・2024年2月15日、人気の観光スポット京都府の天橋立で股のぞきをしていた男性が同僚に押されて転落しけがをする事故が起こっている。
・天橋立とは京都府にある有名な観光地であり、股のぞきとは天橋立が海の上に道が繋がっているような景観が見える観光地であり、またの間から覗いてみると「龍が天にのぼっているように見える」「海が空に見える」。
・今回は50代の男性が「またのぞき台」にのぼったところ、同僚と思われる男性に悪ふざけで押されてしまい、15mほど崖下に転落している。
・犯人同僚は誰や、会社について、2024年2月20日時点でははっきりとはわかってはいない。

 

PAGE TOP
error: Content is protected !!