【特定?】三田市民病院の医療ミスの医師は誰?顔画像やSNSは?

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 兵庫県三田市は20日、三田市民病院で喉頭がんの手術を受けた市内の60代男性の

頸(けい)動脈を誤って傷つけ、後遺症が残ったとして、損害賠償金約2060万円を男性に

支払う方針を明らかにしています!

医療ミスということで世間の関心が非常に高まりそうです。

今回はその医療ミスの医師について調べて見ましたので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

 三田市民病院とは?

〒669-1321 兵庫県三田市けやき台3丁目1番地1
電話:079-565-8000(代表)
病院のHP:URL
 

 一体何が起こった?

60代の男性は2020年12月、市民病院で喉頭がんの手術を受けており、医師が手術中、

男性の左総頸動脈を誤って切断し、すぐに縫い合わせたが、脳梗塞が認められ高次脳機能障害を発症

翌年1月にリハビリテーション専門病院に転院し、退院後もリハビリを行ったが後遺症が残りました。

三田市
三田市

「診療状況を再度確認したところ、医療過誤があったことは明らか」

と認め、賠償金を支払う方針を決めています。

三田市民病院は2016年、二度倒れた男性(当時76歳)が急性硬膜下血腫を発症しているのを診察した医師が見落とし、男性は診断の3日後に死亡した医療事故を起こしています。

現時点では、三田市民病院の医療ミスの外科医師について誰かはわかっていません。

また、家族や結婚についても同様分かっていない状況です。

しかしながら、某掲示板においては本人と思われるような名前が掲載されていましたが、

まだはっきりとはわかっておらず、医師という職業柄、医療ミスは起こりうる可能性は

否定できません。

そして風評被害は医師の職業人生を大変左右するものとなります。

読者の皆様におかれましては、むやみに本人を特定し、誹謗中傷されることのないよう

ご理解のほどよろしくお願いします。

以上三田市民病院の医療ミスの医師の家族や結婚について調べてみましたが、

いかがでしたでしようか?

最後までご覧頂きましてありがとうございました!

PAGE TOP
error: Content is protected !!