【顔画像】下関沖で転覆タンカーの不明2名の名前は?家族構成は?

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

3月20日午前7時ごろ、山口県下関市の六連島(むつれじま)北北西沖およそ8キロの場所で、荒天でいかりを下ろして止まっていた韓国船籍のケミカルタンカー(870トン)から「船が傾いている」と、救助を要請する通報がありました!

11名の乗組員がいて、9名が救助、2名がまだ行方不明とのことです。

現在も海上保安庁等が救助に当たっているとのことですが、まだ発見されていない2名の安否や名前、家族について話題になっていましたので調べて見ました!

ぜひごらんください!

スポンサーリンク

【顔画像】下関沖で転覆タンカーの不明2名の名前は?

3月20日午前7時ごろ、門司海上保安部に山口県下関市の六連島(むつれじま)北北西沖およそ
 8キロの場所で、荒天でいかりを下ろして止まっていた韓国船籍のケミカルタンカー「KEOYOUNG SUN」(870トン)から「船が傾いている」と、救助を要請する通報があった。
  ↓↓↓
②巡視船きくち、巡視艇ともなみ、はやなみ、さとざくら、はやぎくの計5隻と、県のヘリや
 自衛隊機など4機が出動し、 韓国人2人、インドネシア人8人、中国人1人の計11人のうち、
 9人を救助し病院に搬送した。
  ↓↓↓
③現場の海域は風速が10メートルから15メートル、波の高さが3.5メートルと、しけていて、
 下関市では午前5時10分に22.7メートルの最大瞬間風速を観測した。

山口県下関市六連島

詳しい容体は分かっていませんが、乗組員たちは救命胴衣を着けていたということです。

現在も救助・捜索活動が続いています。

下関海峡では過去(2021年)にもタンカーが座礁した事件がありました!

関門港の関門航路第31号灯浮標付近に存在していた乗揚げ船(ケミカルタンカー、3385トン)を海上保安本部が撤去しています。
スポンサーリンク

【顔画像】下関沖で転覆タンカーの不明2名の名前は?家族構成は?

乗組員は「韓国人2人、インドネシア人8人、中国人1人の計11人」とのことで、9名が現状は救助されているとのこと。

未だ安否不明の2名の国籍や名前、家族構成については現状わかっていません。

こちらについては現在情報が錯そうしており、分かり次第UPしていきます!

スポンサーリンク

まとめ

・2024年3月20日午前7時ごろ、山口県下関市の六連島(むつれじま)北北西沖およそ8キロの
 場所で、荒天でいかりを下ろして止まっていた韓国船籍のケミカルタンカー(870トン)から「船が傾いている」と、救助を要請する通報があった。

・ 韓国人2人、インドネシア人8人、中国人1人の計11人の乗組員のうち、巡視船きくち、巡視艇
 ともなみ、はやなみ、さとざくら、はやぎくの計5隻と、県のヘリや自衛隊機など4機が出動し、
 9人を救助し病院に搬送した。

・2名の安否が未だ不明であり、名前はや家族構成については現在わかっていない。

PAGE TOP
error: Content is protected !!