【特定】吹田市民病院の医療ミスの医師は誰?家族や結婚は?

雑記
xr:d:DAFyTXx3VsI:201,j:6403417714648114490,t:24041512
スポンサーリンク
スポンサーリンク

3年前、吹田市民病院の医師が腎臓の摘出手術で、誤った血管を切断し、40代の男性患者が死亡していたことがわかりました。

医療ミスということで世間の関心が非常に高まりそうです。

先ずはお亡くなりになられた方に対してのご冥福をお祈り申し上げます。

今回はその医療ミスの医師について調べて見ましたので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

 吹田市民病院とは?

〒564-8567 吹田市岸部新町5番7号
TEL:06-6387-3311 FAX:06-6380-5825
地方独立行政法人市立吹田市民病院が開設する病院で、臨床研修認定病院や大阪府がん診療拠点病院などの指定を受けています。病院の基本理念は、「市民とともに心ある医療を」。

 一体何が起こった?

腎臓泌尿器科の医師は40代の男性の腎臓の摘出手術の2021年6月24日、腎臓がんだった男性の左の腎臓を腹腔(ふくくう)鏡を使って摘出する際、外科医が本来切断する予定だった血管とは別の血管動脈2本を切って男性は大量出血し、同日中に出血性ショックで亡くなったとのことです。

男性は腎臓がんを患っていて、血管の切断後に出血。医師は止血のためバイパス手術を行いましたが、手術当日に出血性ショックで亡くなっています。

筆者
筆者

尊い命が失われており、亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。
医療ミスは医療につきものとはいえ、再発防止が望まれます。

 病院の対応は?

 吹田市民病院はミスを認め、今年3月に男性の遺族と和解が成立したことから公表。
内藤雅文院長は「二度とこのような事故を起こさないよう再発防止に努める」とコメントしています。

 

 吹田市民病院では2020年10月にも、肺がんの内視鏡手術で、医師が男性患者の大動脈を傷つけ、その後、男性が死亡する医療事故が起きていた。

現時点では、吹田市民病院の医療ミスの外科医師について誰かはわかっていません。

また、家族や結婚についても同様分かっていない状況です。

しかしながら、某掲示板においては本人と思われるような名前が掲載されていましたが、まだはっきりとはわかっておらず、医師という職業柄、医療ミスは起こりうる可能性は否定できません。

そして風評被害は医師の職業人生を大変左右するものとなります。

読者の皆様におかれましては、むやみに本人を特定し、誹謗中傷されることのないようご理解のほどよろしくお願いします。

以上吹田市民病院の医療ミスの医師の家族や結婚について調べてみましたが、いかがでしたでしようか?

最後までご覧頂きましてありがとうございました!

PAGE TOP
error: Content is protected !!