【顔画像】山下夏輝の家族や結婚は?防衛大出のエリートだった?

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

伊豆諸島の鳥島東方海域で海上自衛隊のSH60K哨戒ヘリコプター2機が墜落した事故で、

酒井良海上幕僚長は23日の記者会見で、公表済みの2機の機長を含め、全搭乗者8人の氏名などを明らかにしました。

長崎県の大村航空基地所属の機体に乗っていたのが、副操縦士の西畑友貴2等海尉と、航空士の

福留崇文3等海曹、航空士の甲斐仁蔵海士長です。

徳島県の小松島航空基地所属の機体に乗っていたのが、副操縦士の山下夏輝3等海尉と、航空士の

廣田真海曹長、航空士の堂園優作2等海曹です。

今回は、3等海尉の山下夏輝さんの家族や結婚、そして自衛隊幹部のエリートということで話題になっていますので、調べて見ました!

ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

現状、山下夏輝さんの年齢や家族構成等の詳細についてはわかっていません。

しかしながら、3等海尉ということで年齢的には23歳~30代前半であることが考えられます。

若い頃に幹部になっていたのであれば、親御さんが自衛官で幼い頃から影響を受けていた可能性があると考えられます。また、小さいころから自衛隊幹部等に関心が高かった可能性が高いとも考えられます。

両親や家族、周囲の親戚が自衛官の可能性有り。

階級的には、3尉は初級幹部になります。

<防衛省・海上自衛隊HPより引用>

また、自衛隊で幹部になるには、

①:防衛大学校を卒業して幹部候補生学校に入校して幹部になる

②:一般大学を出て幹部候補生学校に入校して幹部になる

③:一般自衛官から幹部候補生学校に入校して幹部になる

という主に3つのルートがあり、西畑友貴さんはヘリコプターのパイロットということで比較的若いのではと考えられます。

ですので、①の防衛大学校出身であることが考えられ年齢的には20代であることが考えられます。

現状、山下夏輝の結婚や彼女等の詳細についてはわかっていません。

しかしながら、3等海尉ということで年齢的には、23歳~30代前半であることが考えられます。

自衛隊の幹部で誰もが一度は憧れるパイロットであり、社会的なステータスも十分にあるので、彼女がいたり結婚をしていた可能性も高いですね。

現状、山下夏輝は自衛隊の幹部で、誰もが一度は憧れるパイロットであり、社会的なステータスも十分にあるので、その点でもエリートと言えます。

パイロットに若くしてなるには防衛大学校や一般大学等を卒業して幹部候補生学校に入校する必要があります。

もし防衛大学校出身だとすれば、中学や高校時代から良い教育を受けていて勉強をされていた可能性があります。

防衛大学校の偏差値は、62.5となっており、同じレベルの大学は以下になります。

非常に難関な大学と肩を並べており、家庭自体が裕福で良い教育を受けて、高校や大学等に行っていた可能性もあります。

これらの点を考えると十分にエリートと言えるでしょう。

PAGE TOP
error: Content is protected !!