ルセラフィムの生歌がひどいと話題に!宮脇咲良の歌唱力は?

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

実力派とも言われるガールズグループルセラフィム。その「ナムWiki」に「生歌」の実力を酷評するような文章が追加されています!

今回はなぜひどいと言われているのか?そして、宮脇咲良の歌唱力について調べて見ました!

ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

2024年のコーチェラー・ヴァレー・ミュー軸&アーツ・フェスティバルは、アメリカのカリフォルニア州インディオの砂漠地帯で開催され、

4月12日、13日、14日、19日、20日、21日の2週末にわたって開催されます!

ルセラフォムは、13日にパフォーマンスを披露。

その時のライブ内容がひどいと言われるほど、話題になっています。

なぜそのようなことを言われているのか、次に紹介します!

  理由①生歌が下手だった?

「チェウォン、ユンジンを除く他のメンバーの生歌の実力が、著しく落ちるという評価が多い」

歌がひどいと言われている理由のその1は、生歌が下手だったということです。

コーチェは、生歌が重視される世界のため、ルセラフィムも生歌を披露しました
激しいダンスをしながら歌っているので、普段は、被せをいれているルセラフィム
 

「宮脇咲良は、日本での活動まで含めると、経歴が10年以上経っているにもかかわらず、そのような経歴に比べて歌唱力がひどく、特に韓国語の発音は歌詞を見ないと、何の発音なのか全く聞き取れないという評価が大半」

「ホン・ウンチェは、ゲップを心の中で我慢するような歌い方を見せ、音楽番組1位のアンコール舞台で生歌を避けようとする姿をたびたび見せて多くの批判を受け、カズハもまた足りない歌唱力によって何度も批判に包まれた」

「このような足りない実力が、よりによって毒気コンセプトと相まって、実力が毒気に比べてあまりにも低いという批判に、毒気コンセプトをもう捨てる時になったという声まで出ている」

事実世間からは以下のような反応が来ています。

▼「ホン・ウンチェ、ゲップを我慢する歌い方(笑)」
▼「映像みたら、本当にそういう歌い方でびっくりしたよ」
▼「ところで、ユンジンも歌が下手だったよ。チェウォンも同じだし。あの子たちは正直メインボーカルがいない」
▼「ユンジンは声楽をしていたから、歌えると思っていたけど同じように歌えない; チェウォンはそれでも一番いいが、他のグループのサブボーカル水準で、グループに歌える子が一人もいない。ハイブドル実力全部どうしたの」
▼「ユンジンは本当に実力どうして劣化したの?? プデュでメボに欲を出したんだと思ったら、声楽映像でもよくやった。アンコールの時急に実力が落ちてびっくりした。ハイブで歌えない魔法でもかかっているのか」
▼「Wikiは投稿主が書いたんだろ」
▼「ユンジン、最初はオールラウンダーだと思ったけど、ダンスも歌もダメだったよ··· 」
▼「歌が本当に下手なんだ。最近、ハイブアイドルと言えばヤギの歌い方しか思い浮かばない。お金たくさんあるのに、ボーカルの練習もさせないのか」
(「モカ、歌下手で炎上….」ILLIT、2冠目+アンコール生歌に反響「ミンジュだけ上手」「モカ、宮脇咲良みたい….ヤギ声帯」)
▼「ウンチェは実力に比べて過度にブレイクして、大きな錯覚の中で生きている。あんな子が一度落ちたら回復できない。基本実力も全くなく、可愛さだけ受けて何が問題なのか分からないから」

  理由②紅白歌合戦での口パク疑惑?

2022年デビュー1年目で紅白歌合戦に出場した瑠セラフィム。

ルセラフィムは出演した紅白歌合戦で口パク疑惑がありました!
 
2022年デビュー1年目で紅白歌合戦に出場したルセラフィム。
2年連続で紅白に出場していますが、口パクなんじゃないかと噂されています。
またこの件については、NHKの公式からも発表がされているようです!
ルセラフィムはよりよいパフォーマンスのため、口パクで歌唱しています!

ルセラフィムにはこれまでも口パク疑惑がありました!

・CDTV
・MUSIC DAY
・Mステーション
 
ルセラフィムの口パク疑惑についてのネットには様々な声が。
 
<Positive意見>
・口パクがひどい
・いつものことだな、もっとカモフラージュできなかったのかな
・歌番組なのにダンス見せに来てる
 
 
 
<Negative意見>
・ダンスがかなり激しくて歌いながらはさすがに難しいのでは?
・パフォーマンス重視なので歌に関しては仕方無い。
 

  理由③メンバーの声質が悪いという意見

ルセラフィムは声質が悪いことも生歌が下手と言われる原因のようですね!
 
また、曲調と、声質が合っていないとも言われるようですね。
 
ネット上では歌が下手だという声もかなりありました!
<Negative意見>
・過半数が歌下手
・音痴ってか声の質が悪すぎる
・ルセラフィムの曲は歌いにくい
・ラップが下手くそ
・日本人2人の歌が下手くそ
 
 
・カズハちゃんのラップがめっちゃカッコ良い。
・チェヲンちゃん素晴らしい歌唱力
・ユンジンまじで歌が上手い上に、声が綺麗
歌唱力は歌がうまいなどの声が多かったです!
 
 

  理由④パフォーマンスが激しい

ルセラフィムはパフォーマンスが激しすぎると言われています!

ルセラフィムは激しいダンスパフォーマンスが魅力的なグループですよね♪

激しくダンスを踊りながら、歌をうたうのはかなり高いハードルであると考えられます!

世間からのルセラフィムに対する反応はこちら!

・激しいけれども、動きがしなやかで上品ですね
・あんな激しいダンスで歌うのしんどすぎ
・ダンスが激しいから無理かもしれないけれども
・それにしても激しいダンスだなあ
・ダンス激しいの多くて困る

  理由⑤同世代グループの生歌がすごすぎる

ルセラフィムは同世代の他のグループの生歌が上手すぎて、下手に聞こえてしまうようです。

ルセラフィムと同世代のK-popの第四世代のグループはこちら!

・aespa(エスパ)
・IVE(アイブ)
・ITZY(イッチ)
・NewJeans(ニュージーンズ)
K-pop第四世代と言えば、歌唱力やパフォーマンス・ビジュアル全てがハイスペックなことが特徴です。
レベルの高いライバルグループと常に比べられて、色々なことを言われてしまうんでしょうね。
 
・KPOPのレベルが急にあがったよな。
・第四世代だったら常識のレベル
・第四世代総じてレベル高い

  理由⑥完璧すぎて疎まれている可能性有り

ルセラフィムは完璧すぎて疎まれている可能性がありますね。

ルセラフィムのメンバーはスタイル・顔ともにほんとうに完璧なひとたちです。

さらにダンスも歌もうまいので、ほんとうに嫉妬されている人たちになります。

それを裏付けるように世間からは嫉妬の声がたくさん来ています!

・ただのダンサーでしょ。
・歌は全くうまくない
・顔整形しているだけでは?

  理由⑦LAの砂交じりの風

コーチェラの舞台はアメリカのロサンゼルスであり、どうやら砂交じりの空気が汚いとのこと。

「アジアにルーツを持つアーティストが出演したコーチェラの88rising FuturesステージにNumber_i、YOASOBIらと一緒に立った韓国のR&B歌手BIBIは、22年のコーチェラのステージについて『歌おうと息を吸った瞬間、LAの砂交じりの風を吸い込んでしまいゴホッという声しか出なかった』と番組で明かしていました。歌って踊るK-POPアーティストにとって決して環境の良いフェスではないのです。ステージ名が“Sahara(サハラ)”“Mojave(モハーヴェ)”“Gobi(ゴビ)”などと名付けられているようにコーチェラがコロラド砂漠の一角にあるコーチェラ・バレーで開催されていることを忘れてはなりません」

https://news.livedoor.com/article/detail/26264642/

PAGE TOP
error: Content is protected !!